“日輪抄”の読み方と例文
読み方割合
にちりんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文章の余りに稚拙なところや、誤字なども、少しばかり学問のあるまま、つい所々筆を入れたらしく、「開運日輪抄」と表題まで自分で附けた。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)