“強弓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごうきゅう71.4%
がうきう14.3%
つよゆみ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“強弓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こんな話が、強弓ごうきゅうをひく漢学の先生や、体操の教師などの間に起る。理学士は一番弱い弓をひいたが、熱心でよく当った。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「へい」と関市せきいちが、大あわてで取りだしてきた節巻ふしまきとうにくすねきのつるをかけた強弓ごうきゅう
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは籐を一パイに卷いた思ひの外の強弓がうきうで、弓弦ゆんづるは外したまゝですが、弓そのものは、埃も留めずに、よく拭いてあり、近頃使つた樣子も無いくせに、弦などが、僅かに濡れてゐるのが氣にかゝります。
関東名代の、強弓つよゆみの達者で、しかも苦労人だと聞いたが違いない。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)