麻雀殺人事件マージャンさつじんじけん
それは、目下売出しの青年探偵、帆村荘六にとって、諦めようとしても、どうにも諦められない彼一生の大醜態だった。 帆村探偵ともあろうものが、ヒョイと立って手を伸ばせば届くような間近かに、何時間も坐っていた殺人犯人をノメノメと逮捕し損ったのだった …
作品に特徴的な語句
ごの たし クロース しょう かたわ すざま はずか あやぶ こま 間近まじ 月経メンス ただ さま いろどり 耳朶みみたぼ あが パイ めん 河口かわぐち 気味ぎみ あわ きわ 昨夜さくや ころが 口腔こうくう ゆら とら 小暗こぐら 尖端とっさき くだ みぞ 湮滅えんめつ あらわ まば もら 汚点おてん キー 白絹しろぎぬ かさ 動静どうせい ほがら ぬす きびす とよ そこな かど おぼ ぬぐ 拇指ぼし おさ 手帛ハンカチ 薄弱はくじゃく 蒼白そうはく しま ぴろ 広間ホール かん あた 悪鬼あくき あや 艶々つやつや きつね 狼狽ろうばい はなは 疣状いぼじょう くせ 白布しろぬの 目下もっか まゆ 眉宇びう 真蒼まっさお 眩暈めまい ねむ まぶた 硝子ガラス 空席くうせき 空手からて 窓際まどぎわ 立錐りっすい はず こも 細々こまごま 絵具えのぐ 綽名あだな しば かね びょう