“こん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コン
語句割合
29.9%
18.9%
9.8%
此様7.1%
斯様6.2%
4.1%
此樣3.7%
3.1%
2.5%
1.2%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
0.6%
斯樣0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
如斯0.4%
0.4%
0.4%
這般0.4%
0.4%
0.4%
根気0.4%
0.4%
此家0.2%
何樣0.2%
0.2%
如是0.2%
如此0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
複雑0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹童も、逃げに逃げた。折角村からって街道にそって、足のかぎり、かぎり、ドンドンドンドンかけだして、さて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ノウノウと手足を伸ばしたに、枕元に掛けた背広の内ポケットから匕首拵の短刀を取出して仰向になったままを払ってみた。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
楠殿が高時のを用ゆるを聞いて驕奢の甚だしいのを慨嘆したといふは、失敬ながら田舎侍の野暮な過言だ子。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
何の因果で此様可厭をさせられる事か、其は薩張分らないが、唯此可厭を忍ばなければ、学年試験に及第させて貰えない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
男は男で、斯様なことには取合いたがらぬものである。匡衡は一応はただ其儘に聞流そうとした。しかし右衛門は巧みに物語った。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
けた玉菜や、ランプのや、南京蟲や、アンモニヤのじて、つための一分時は、動物園にでもつたかのやうな感覺惹起すので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
れは此樣無學漢だのにお出來るからね、ふの漢語かで冷語でもつたら、此方漢語かへしておくれ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
朝比奈山にかかると、同行のY君が「ここの峠は、ちゃん(日出海氏)が銀座から深夜帰る途中、きっと車から降りて小便する所です」
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
燈火よ、客のとなりしかならざるか、飛遊して室中にはらず、すれぞ守るべき客ありと想ふや。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
僕は土蔵の石段に腰かけて茫然と庭のめて居ますと、夕日が斜に庭ので、さなきだに静かな庭が、一増粛然して、凝然として
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
何うしたって嬢様が逃げ出す気遣はねえだ、逃げなけりゃア殺されることもねえだ、それを知って居ながら黙ってゝ、嬢様が逃出してから殺されゝば、汝が殺したも同じだぞ
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
し、決定的な闘争はむしろ明日のきん一番にあるので、私たちはそれに対する準備を更に練った。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
龜「へい雲助をしていやしたが、ろくな酒も飲めねえから太く短くやッつけろと、今ではな事をしておりやす」
料理番しつけて、玄竹馳走をしてらせい。もともに一まう。』と、但馬守は、らせた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
中にはただ何となく上代の国ぶりを悦ぶ類であるが、なことでは真に『万葉』の趣味を解して居るものとは元とより言われない
子規と和歌 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
隨いて行つた娘は斯樣なことを言つて學校の方に居る子供の噂さで持切つて居ました。昨日學校の教場で家のものの姿が見えなく成つたと言つて泣いたといふ話などもして笑ひました。
斬るよりも易しと
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
旭の光輝に照らされたる、人形の瞳は玲瓏と人を射て、右眼、得三の死体を見てするがごとく、左眼泰助を迎えて謝するがごとし。五体の玉は乱刃に砕けず左の肩わずかに微傷のあり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
代助はよく御化粧の監督者になって、両人に附いていた。そうして時々は、面白半分の冷かしも云った。縫子からは叔父さん随分だわを二三度繰り返された。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それはの五人であった。ある夜、渾の夢に父がきて
陸判 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
如斯けで私はどうも旅とは思われぬ、真実故郷にた通りで誠に心地。それから兄が私に如何して貴様は出し抜けに此処に来たのかという。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
人間はだ皆寝ているんだろう。家も木も往来もボンヤリと見える。此奴等も寝ているんだろう。瓦斯燈さえ淋しそうに黄色く光っている。何人も乃公がな高い処にいるとは思うまい。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
折角の巨人、いたずらに、だだあ、がんまの娘をうて、鼻の下の長きことその脚のごとくならんとす。早地峰の高仙人、くはの葉のを緊一番せよ。
遠野の奇聞 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つと馬鹿な奴はカーボンやプラチナ板に撮した自分の写真をやしく送つて来る奴もある。イヤハヤお咄しにならんが、旦那は這般連中寛大に見て在らツしやるんだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
んぞく 一せん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
してなるはずしも良縁ならず、して夭折す、って良縁。さ、かして、迷迭香死骸ましゃれ。そして習慣通り、晴衣せて、教會らっしゃれ。
首かせはめられ、二本の水火に小突き立てられ、行くて三千里の道へ、は素はだしで歩かせられた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
、黙って漕げ、何ともするもんじゃねえッて、此家兄哥が、いわっしゃるで、どうするもんか。おらんでな、とその火を見てやった。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
気をに持たっせえ、弱いを出しやあがるなッて、此家兄哥が怒鳴るだけんど、見す見す天竺へ吹き流されるだ、地獄の土でも構わねえ、って呼吸きたい
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一體うして何樣なに意固地なんだらう。俺が惡く意固地だから、家が何時もごたすたしてゐる。成程俺はり過ぎる………ンなら妻がいのかといふにうでもない。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
放蕩、万悪の源、時珍が本草ことごとく能毒を挙げましたが、酒は百薬の長なりとめて置いて、多くえばを断ったと言いましたぜ
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
……おゝ、脊中が、脊中が! ほんに貴孃めしいわいの、太儀使者さッしやって、如是ぬるやうなひをさすとは!
この有様でもお秀は妾になったのだろうか、女の節操てまで金銭がい者が如何して如此貧乏しい有様だろうか。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
年時代から寫眞をやる、採集をやる、草花を將棋をさすといふ風で、趣味多過ぎる方なのだが、そして、一時それぞれにかつと中する方なのだが、球突御多分にれず
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
(『帰正漫録』に曰く、「覚はにして夢は霊、生は正にして死は神、造物の人をして死を謹ましむるゆえんなり」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
長子止所が家を嗣いだ。号は厚朴軒である。艮の子成器は陸軍砲兵大尉である。成器さんは下総国市川町に住んでいて、厚朴軒さんもその家にいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
常に戯虐に遭う、に群呼跳浪して至り、頭目胸項手足に攀縁す、して毛毬を成す、兵刃ありといえども、また施す所なし、往々死を致す〉。
私は凝然と固くなって其に耳を澄ましていると、何時からとなくお囃子の手が複雑で来て、合の手に遠くでかにキャンキャンというような音が聞える。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
取出し伏拜みけるに金毘羅のの一字は切放れて血汐り有ければ親子の者は一同にハツとひれ有難し/\とて感涙を流しけるが其中に罪人の本人が出て源内は長壽を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)