花と人間の話はなとにんげんのはなし
あるところに、おじいさんと、おばあさんとが住んでいました。その家は貧しく、子供がなかったから、さびしい生活を送っていました。 二人は、駄菓子や、荒物などを、その小さな店さきに並べて、それによって、その日、その日を暮らしていたのです。 あると …
作品に特徴的な語句
えん うえ 最初さいしょ ぼん ともな きず うしな えだ かか たず ほん わし なか そと うば いえ 容易ようい たい 希望きぼう ねん 幾筋いくすじ つよ のち あたら にち やわ 生活せいかつ せい こま 翌年よくとし した ひら あたま 一夏ひとなつ 万事ばんじ 世間せけん なら 丹精たんせい 二人ふたり ひと 人々ひとびと いた うち ふゆ まえ たまご よろこ つち かた こえ なつ おお 大事だいじ ふと 子供こども 孵化ふか たから うち ちい かえ 常夏とこなつ 幸福こうふく とこ みせ にわ よわ かげ あと 後悔こうかい 得意とくい こころ わす おも さと なや わる かな 手入てい