“振合迄”の読み方と例文
読み方割合
ふりあひまで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
めて名も新藤市之丞にては不似合なれば長兵衞は自身の名の頭字をて長八と改めさせは親分になり同町の家主治兵衞の引越させ其外萬事長屋の振合迄巨細に教へつゝ世帶を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)