“巨躯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょく90.9%
きよく9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
興至るやじつにしばしば畳叩いて三語楼と巨躯の貞丈は、〽モリヨリヨーン、モリヨリヨーン…… と諷い出し、そのたび金語楼
寄席行灯 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「な、な、な、なにをしおった?」と、居間から旦那様の叫喚! つづいて廊下をずしんずしんと旦那様の巨躯がこっちへ転がってくる気配がした。
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
Y君も傍から巨躯つて、人懐つこい眼を向け乍ら
良友悪友 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
肩肘を張つた十六貫近い巨躯