良友悪友りょうゆうあくゆう
「失恋が、失恋のまゝで尾を曳いてゐる中は、悲しくても、苦しくても、口惜しくつても、心に張りがあるからまだよかつた。が、かうして、忘れよう/\と努力して、それを忘れて了つたら、却つてどうにも出来ない空虚が、俺の心に出来て了つた。実際此の失恋で …
作品に特徴的な語句
かう 芸者キモノ 饒舌おしやべり おのづか 真実ほんたう 嘲笑てうせう おく なつか 揶揄からかは 此方こつち 甲斐がひ たゝず 住居すまひ あぢは 少許すこしばか はず 彼処あそこ いは たづ 遊蕩いうたう 麦酒びーる 両脇りやうわき 先刻さつき 其儘そのまゝ かへ 可笑をか 哄笑こうせう 喇叭らつぱ しやべ 外套ぐわいたう 妄念まうねん きま 巨躯きよく 差支さしつか 所謂いはゆる ゆす しば 此処こゝ ほと 満腔まんかう とも 点頭うなづ なほ 猶更なほさら 畢竟ひつきやう しやく 相槌あひづち 硝子がらす 確乎しつかり 稍々やゝ 翕然きふぜん こゝ おほ ばか 諧謔かいぎやく にぎや さへぎ ひら さは 風貌ふうばう 餉台ちやぶだい 鳥渡ちよつと 一頻ひとしき 不可いけ うち これ なが しま 交際つきあ 人懐ひとなつ 何故なぜ しか おれ そば かし ひが 其処そこ 其頃そのころ 凝視みつ およ 勿論もちろん いや 厭味いやみ 反駁はんばく 口惜くや