什器破壊業事件ものをこわすのがしょうばいじけん
女探偵の悒鬱 「離魂の妻」事件で、検事六条子爵がさしのばしたあやしき情念燃ゆる手を、ともかくもきっぱりとふりきって帰京した風間光枝だったけれど、さて元の孤独に立ちかえってみると、なんとはなく急に自分の身体が汗くさく感ぜられて、侘しかった。 …
作品に特徴的な語句
たい がく あせ えい 退さが ざい たし はず つか わき 先刻せんこく めん きわ 口惜くちお 鉱山こうざん だい さいわ ほり ゆわ 水滴すいてき 鮮血せんけつ あらかじ あぎと ひび 助力じょりょく 一言いちごん 収穫しゅうかく ほがら 現下げんか うな 痴漢ちかん おぼ 失敗しま 振舞ふるま 把手とって 居睡いねむり 懐中かいちゅう せつ うなず したが ちぢ 色気いろけ 流行はや すず はか 潔癖けっぺき 激情げきじょう 炯眼けいがん 無慙むざん 煉瓦れんが 犠牲ぎせい 狼狽ろうばい 猖獗しょうけつ 生前せいぜん 痛味いたみ 発揮はっき 白骨はっこつ 皮肉ひにく しわ 相済あいす 眠気ねむけ ねむ まぶた 矢庭やにわ 突留つきと 突飛とっぴ うかが はず もん しゃ 素早すばや 絨緞じゅうたん 陰気いんき おそ さえぎ やしき 部厚ぶあつ にぶ なまり 鉱脈こうみゃく 銀弥ぎんや じょう 録音ろくおん ひらめ 阿魔あま 顛落てんらく 鶴嘴つるはし とり 鬱積うっせき ため くび 離魂りこん