“寅刻頃”の読み方と例文
読み方割合
なゝつごろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
偖も小野田幸之進は主命にて江戸屋敷を出立なし大坂へと途中箱根も打越て江尻へり急ぎの旅なれば翌曉寅刻頃に出立しけるが江尻宿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
しと待居たり然るに寅刻頃とも思ふ頃かに聞ゆる驛路馬士唄高々と來掛る挑灯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
りて馬につゝ是々馬士どの今夜は何だかい樣だ何日寅刻頃には徐々人の往來も有のに鮫洲から爰迄來中に一人も逢ぬ扨々しいことだぜ馬士アイサ此節は人通りが少無なつて否はや一不景氣なことさ品川歸りも通らねえ隨分氣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)