“しよツちゆう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
始終50.0%
平素50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何時も自分で自分の脈をたり、胸をコツ/\叩いて見たりして、始終人體の不健全を説いてゐる因循な醫學生としては、滅多と無い活溌々地の大活動と謂はなければなるまい。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
どうでせう、省吾の奴も君の御厄介に成つてるが、彼様な風で物に成りませうか。もう少許活溌だと好いがねえ。どうも女のやうな気分の奴で、泣易くて困る。平素弟にめられ通しだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)