“罪深”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つみふか80.0%
つみぶか20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ってゐやるりの、執拗れた、罪深を、神樣してふため、いろ/\とおをせねばならぬ。
聞けば御僧の坊も同じ嵯峨なれば、心當の人もあらば、此事へられよ。同じ世に在りながら、斯かるやかなる上﨟の樣を變へ、思ひするまでになかりし男こそ、世に罪深き人なれ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
このうえ、このを、かごのにいれておくのは、罪深いことだ。は、そううと、いて
自由 (新字新仮名) / 小川未明(著)