“やはり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
矢張89.4%
依然4.4%
仍且2.7%
猶且1.8%
依様0.9%
依旧0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是迄だつて、私は貴方のことに就いて、も世間の人に話した覚は無し、是から将来だつても矢張其通り、何も話す必要は有ません。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
すると筑波は「久しゅう逢わなんだねえちゃん。何様したんだえ。よう帰ってお出でだ」と云いそうに依然ゆったりとして気高く清く眺められた。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
仍且氣に懸ツてならぬ。そして惱む。幾ら美術家でも、女の心まで裸體にして見る權能がないから爲方が無い。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
実に可懐かつたのです、顔を見ると手をつて、旧交められるとで、其頃山田猶且第二中学時代とらずんでましたから、往復ともに手をへて
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
当時素人芸でないと評判腕利で、新躰詩其力めて研究する所で、百枚ほどの叙事詩をも其頃早く作つて、二三の劇詩などさへ有りました、依様我々同級でありましたが
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
の雑誌も九号は続きましたが、依様十号からが出て、会員に頒布するでは面白くないから、くして売出して見やうとふので、今度は四六大形にして、十二でしたか
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
風「然し真人間時分の朋友であつた僕等にかうして会つてゐる間だけは、依旧真人間で居てもらひたいね」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)