“生質”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うまれつき28.6%
せいしつ14.3%
たち14.3%
うまれだて14.3%
おひたち14.3%
さが14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二里あまりたる村より十九歳のをむかへしに、容姿からず生質柔従にて、糸織にも怜利ければ可愛がり、夫婦の中も家内可祝春をむかへ
家に養ひ置に兄弟二人の家内にして祿高五百石を領し外に若黨二人下婢一人中間小者共主從九人のしなり扨此喜内は學問を好み軍學武藝にも達し物生質なれば諸方より妻を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
でのれなるに此身あるさまのはずとせばとせん退ぞくはらぬならねど義理ゆゑくと御存じにならば御情ぶかき御心としてもあれよくばとせらるゝでなしらでも御弱きお生質なるに如何つきつめた御覺悟
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
呼寄て相談しけるに此お粂は元來生質らぬ者なれば唯手前勝手の事のみ言て一世話もなさゞれば母は大いに立腹なし親の難儀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
半四郎と云此兄の半作は至つて穩當生質なれば是所謂惣領の甚六とか云が如し然れども惣領の々々と世間にては馬鹿者の樣に云ども勿々にあらず既に諸侯にては御嫡子と稱し町人ならば家の跡取家農家などにては遺跡樣と惣領遺跡道理なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
女ながらも心男々しき生質なれば大岡殿のがひ私し苦界へし事は父が人手に掛り其上姉の身の代金もはれしとの事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)