“糸織藍万”の読み方と例文
読み方割合
いとおりあいまん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
衣服は糸織藍万に、琉球紬の下着を袷重ねにして、茶献上の帯で、小紋のの一重羽織を着て、珊瑚六分珠緒締に、金無垢の前金物を打った金革の煙草入は長門の筒差という
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)