“六分珠”の読み方と例文
読み方割合
ろくぶだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
珊瑚六分珠をおさえながら、思わずについたように、足首からむずむずして、爪立ったなり小褄を取って上げたのは、謙斎の話の舌とともに、蛞蝓のあとを踏んだからで
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
衣服は糸織藍万に、琉球紬の下着を袷重ねにして、茶献上の帯で、小紋のの一重羽織を着て、珊瑚六分珠緒締に、金無垢の前金物を打った金革の煙草入は長門の筒差という
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
中肉中背で、可哀らしい円顔をしている。銀杏返しに結って、体中で外にない赤い色をしている六分珠金釵した、たっぷりある髪の、のおくれ毛が、俯向いている片頬に掛かっている。
百物語 (新字新仮名) / 森鴎外(著)