百物語ひゃくものがたり
何か事情があって、川開きが暑中を過ぎた後に延びた年の当日であったかと思う。余程年も立っているので、記憶が稍おぼろげになってはいるが又却てそれが為めに、或る廉々がアクサンチュエエせられて、翳んだ、濁った、しかも強い色に彩られて、古びた想像のし …
作品に特徴的な語句
まじわり むなし ひやや いで ごく あざけり かす わき 出立いでたち 金釵きんかん かえっ 原来もとより くら 恰好がっこう いだ あるい くろ うお なみ 中爺ちゅうじ 燈籠どうろう 頓着とんちゃく おだやか 渦巻うずまき さま のぼ つれ 死期しご よろこび ならい 暇乞いとまごい ななめ つか 揶揄からか 川面かわづら おれ ねじ 自惚うぬぼれ たび しん 怪物ばけもの 蚊屋かや あと たらい 目貫めぬき 直前すぐまえ なが みは にら またた たた やや 稟賦ひんぷ おさな 穿 うかが すく 笑顔えがお はず ほうき すだれ しゃ 紺絣こんがすり しま 縞絽しまろ つな めぐ 繭紬けんちゅう まと うらや 聡明そうめい 肱枕ひじまくら 背後うしろ 胡坐あぐら そう とも なや かや あし 鉋屑かんなくず 雑沓ざっとう すみ おか 附合つきあい とざ 銘撰めいせん
題名が同じ作品
百物語 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)