“視:のぞ” の例文
“視:のぞ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“視:のぞ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山口屋善右衞門はたくへ帰って見ると此の騒ぎですから、直ぐに医者を呼びにやりまして八右衞門を療治して貰い、表から此様こんな所をのぞき込まれてはならんからと云うので、奥へ通そうと申しても小平は何うしても動きませんでしたが
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)