黒部川を遡るくろべがわをのぼる
我国の一大峡流である黒部川の全貌が完全に世に紹介されるに至ったのは、誰が何と言っても、これは立山後立山両山脈の山々と其抱擁する谷々とに限りなき興味を有し、就中立山連峰と黒部峡谷とを礼讃して措かざる冠君の数年に亘りて惓むことを知らない努力の結 …
作品に特徴的な語句
あく だいら いささか 蹲踞そんきょ 仕合しあい そぞ 黒檜ねずこ なら なめらか ばかり さなが あかる ただし たちまち あらわ とか みた まばら せい 此方こっち まばゆ のぞ いまだ 祖母ばば もし つかま さかん のし かつ てら ほのか しきり かたわら わずか はたらき ながれ うたがい つかれ 其折そのおり 瘟気おんき はるか むかえ かんむり もた てつ 別山べつざん ただ ばか うかが なら かんば 矢張やはり すくな 昼過ひるすぎ たび かんがえ おだやか また 空谷からたに ひそか ねじ 荷持にもち ねぎら 独楽こま 独活うど 狭霧さぎり 獅噛しが 田甫たんぼ 畢竟ひっきょう 百貫ひゃっかん 益々ますます さかん たらい 目細めぼそ 瞰下みおろ 石楠しゃくなげ ろく たしか やや 稽首けいしゅ 窄迫さっぱく 簇立そうりつ 鐘釣かねつり 郭公かっこう 針木はりのき なた うずくま やり