“覰:のぞ” の例文
“覰:のぞ”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“覰:のぞ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
囃子方はやしかたに新という者あり。宵よりでていまだ小屋にかえらざれば、それかと白糸は間近に寄りて、男の寝顔をのぞきたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かく言いつつ珍しげに女のおもてのぞきぬ。白糸はさっとあからむ顔をそむけつつ、
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)