選挙人に与うせんきょにんにあたう
選挙ということが初めて我が国に行われたのは明治十一年、即ち府県会開設以来のことである。それからその後十年ほど経って市町村の自治に関する法律が発布せられ、同時に市町村会議員の選挙ということが始まった。しかし我が国民は権利に関する観念が頗る幼穉 …
作品に特徴的な語句
たかし たん すで 抛棄なげすて げん うえ 如何どう おろそ たぶ もと こいねがわ 歴々れきれき 老耄おいぼ くだ つと 区々くく 如何いかん すく かか みだ わず あた けだ あやま 乃至ないし 九鼎きゅうてい 何人なんぴと 佳晨かしん まぬか おおやけ 公望きんもち 到底とうてい 勿論もちろん ぼく 印綬いんじゅ りん はら やかま 国是こくぜ たま ほか 好餌こうじ 如何いか 宇内うだい のたま 屡々しばしば わか 幼穉ようち わきま 徒輩とはい たちま 恋旧れんきゅう 惨禍さんか 愈々いよいよ たし 懿徳いとく 扶殖ふしょく 抑々そもそも 抛棄ほうき えら ふる もた 旗鼓きこ 旬日じゅんじつ 是非ぜひ あかつき 曝露ばくろ あざむ 汲々きゅうきゅう 浚渫しゅんせつ 無論むろん しか 爾来じらい はなは 畢竟ひっきょう 百弊ひゃくへい 益々ますます はし 総攬そうらん しか いやしく のぞ こうむ うち さと わけ