“九鼎”の読み方と例文
読み方割合
きゅうてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るにこの永年の悪習を打破し、議会をしてかくのごとき誘惑より独立せしめ、ついに人民の権威を九鼎よりもからしめたのは、ひとえにかの小ピットの大なる感化であった。
選挙人に与う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
これぞ我大日本国の開闢以来、自国人の手を以て自国の軍艦運転し遠く外国にりたる濫觴にして、この一挙以て我国の名声を海外諸国に鳴らし、から九鼎大呂を成したるは
らには彼が平生使用した風呂桶九鼎のごとく尊げに置かれてある。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)