“うか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウカ
語句割合
45.2%
45.2%
4.0%
0.9%
0.9%
羽化0.9%
迂闊0.9%
宇迦0.6%
0.6%
0.3%
雨下0.3%
鵜飼0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んでも無用なる御台場相俟つて、いかにも過去つた時代の遺物らしく放棄された悲しいを示してゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
振返ると背面の入江は幾百の支那ジヤンクをべて浅黄色に曇つたのが前面のしげな光景とつて文人画の様な平静を感ぜしめる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
「お金がありゃア尚いいねえ。楽な生活が出来るんだからねえ……ほんとにお前さんにあるかしら?」がうような調子である。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
京に入りてより、嘲風氏に聞き、竹風君と話して彼が性行の一端をがひ、逢ふて詩談を交へんとするの情あり。我仙台に入るや、招かれて一夜大町の居にこの幸福なる詩人を訪ふ。(未完)
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そして、彼女はロシア語が出来るのに、ひとことも口をきかないで、ちょっとした身ぶりで、それを差しあげますという意味を示し、その瞬間ちらりと何とも云えない笑いを口辺にべた。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
けれども惜しい事に本文は挿画ほどに行かなかった。中には欲の羽化したような俗な仙人もあった。それでも読んで行くうちには多少気に入ったのもできてきた。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いっそこのままに引っ返そうかと、すこぶる不快を感じましたが、また考えると、彼もあの通りぼんやりしているのであるから、つい迂闊と封をしてしまったのかもしれない。
そして、国の神のになって、宇迦の山の下に御殿をおたてになり、須勢理媛と二人で楽しくおくらしになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
だか先刻から、がつてると、貴方の方が余っ程御得意の様よ」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それまでの薄暗い遊廓裏の道を捨てて、三筋のうちでもいちばん繁華な総門の通りへ出て来ると、そこをぞめき歩いている人影の中に、彼のすがたも、一個ののようにれてしまう。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ために、身は乱刀雨下に寸断せられたが、心の独立はついにされなかった。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
岐阜は鵜飼いで有名だが、料理して食わす段では、はなはだ心もとない。将来は生きのいいところを、鵜匠がその場で見物客に食わす考えを持つべきである。
鮎の名所 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)