“候事”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そうろうこと50.0%
そろこと33.3%
さふらふこと16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“候事”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌2.9%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
されどしょうの学校はその翌日、時の県令高崎たかさき某より、「詮議せんぎ次第しだい有之これあり停止ていし候事そうろうこと」、との命をこうむりたり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
山口県の玖珂くが郡秋中村大字秋掛あきがけなどでも、「藤を打砕いて糸の如くつむぎ布に織り、股引ももひき等に相用あいもち候事そうろうこと」と、『周防風土記すおうふどき』には記している。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
然し御存じの如く小生は一度思い立ち候事そろことは成功するまでは決して中絶つかまつらざる性質に候えば嘔吐方おうとほうを再興致しそろも遠からぬうちと信じ居りそろ次第。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼のエイトキン夫人に与えたる書翰しょかんにいう「此夏中なつじゅうは開け放ちたる窓より聞ゆる物音に悩まされ候事そろこと一方ひとかたならず色々修繕も試み候えども寸毫すんごう利目無之ききめこれなくそれよりとくと熟考の末家の真上に二十尺四方の部屋を建築致す事に取極め申そろ是は壁を二重に致し光線は天井より取り風通しは一種の工夫をもって差支さしつかえなき様致す仕掛に候えば出来上りそろ上は仮令たとい天下の鶏共一時にときの声を揚げそろとも閉口つかまつらざるつもりに御座そろ
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
命有らん限は此の苦艱くげんのが候事さふらふことかなはぬ身の悲しさは、如何に致候いたしさふらはばよろしきやら
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
生れてより神仏かみほとけを頼み候事さふらふこととては一度も無御座候ござなくさふらへども、此度このたびばかりはつくづく一心に祈念致し、吾命わがいのちを縮め候代さふらふかはりに、必ず此文は御目おんめに触れ候やうにと、それをば力に病中ながら筆取りまゐらせ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)