“候事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうろうこと50.0%
そろこと33.3%
さふらふこと16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山口県の玖珂郡秋中村大字秋掛などでも、「藤を打砕いて糸の如くぎ布に織り、股引等に相用候事」と、『周防風土記』には記している。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
然し御存じの如く小生は一度思い立ち候事は成功するまでは決して中絶らざる性質に候えば嘔吐方を再興致しも遠からぬうちと信じ居り次第。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
命有らん限は此の苦艱候事はぬ身の悲しさは、如何に致候はばきやら、御推量被下度候
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)