“愜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かな95.8%
かなへ4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“愜”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学14.3%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それもかなはでひんがしに還り玉はんとならば、親と共に往かんは易けれど、か程に多き路用を何処いづくよりか得ん。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
酒を注ぎながら、上さんは甘ったるい調子で云った、「でも営口で内に置いていた、あの子には、小川さんもかなわなかったわね。」
鼠坂 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
主人家に在て応対歓晤はなはだかなへり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)