“一筆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとふで94.7%
いっぴつ5.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一筆”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おッ母さんから一筆ひとふで青木に当てた依頼状さえあれば、あすにも楽な身になれるというので、僕は思いも寄らない偽筆を頼まれた。
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
「こんな一筆ひとふでがきでは、いけません。もっと私の気象きしょうの出るように、丁寧にかいて下さい」
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこで書きのこした一筆いっぴつが『すさきの浜』……
顎十郎捕物帳:10 野伏大名 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)