鼠坂ねずみざか
小日向から音羽へ降りる鼠坂と云う坂がある。鼠でなくては上がり降りが出来ないと云う意味で附けた名だそうだ。台町の方から坂の上までは人力車が通うが、左側に近頃刈り込んだ事のなさそうな生垣を見て右側に広い邸跡を大きい松が一本我物顔に占めている赤土 …
作品に特徴的な語句
にい きり いで たん 雨上あまあ まばら かご 諦念あきらめ 辮子べんつう かみ 拳銃けんじゅう 深淵ふかぶち かん 為組しくみ かめ 舌舐したなめ 見遁みの だれ 諦念あきら ぐるま 下脣したくちびる 中伸ちゅうの ぬし 九谷くたに 二十はたち そば もう 兵站へいたん その すご 勾配こうばい 勿論もちろん 南清なんしん いや 台町だいまち 合槌あいづち 吊台つりだい のど あじわ うわさ ささや あな うず ふさ 大幅たいふく 大牢たいろう やつ しり 年増としま 微笑ほほえ せわ 急須きゅうす かな ふる たし ふところ こしら 持前もちまえ つま 文晁ぶんちょう うま 明家あきや くら しばら 枕元まくらもと 梯子はしご 樺色かばいろ 汁椀しるわん 滑稽こっけい 為事しごと 為方しかた 煉瓦れんが 煎茶せんちゃ 煖炉だんろ かん いぬ 狡猾こうかつ 瓦斯ガス おわ しわ 目食めく 真鍮しんちゅう にら 睫毛まつげ