“候得”の読み方と例文
読み方割合
そうらえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寺方へはそれとなくを取り候申立て候得どもなほ不審の少なからざるにつき、一応住職に聞たゞし候、江戸へ送り申すべき手筈なりとの事に御座候。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
港八九は成就候得共前度入口六ヶ敷候に付増夫入而相支候得共至而難題至極と此上は武士之道之心得にも御座候得ば神明へ捧命申処誓言御見分の本意ほんいとげ候事一日千秋の大悦拙者本懐り死後御推察くださるべく 不具
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
倉皇の際に前半の一端をひたるのみに御座候得ども錦繍の文章に感嘆の声を禁じ得ず身しばしば自動車の客たる事を忘れ候次第忙中かへつてよく詩文の徳に感じ申候。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)