“得貴意候”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きいをえそうろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“得貴意候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然れ共、なお何かの御参考と存じ、三個とも封瓶のまま、村費にて御送附申上候間もうしあげそうろうあいだ何卒なにとぞ御落手相願度あいねがいたく、此段得貴意候きいをえそうろう 敬具
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)