“あツ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と思ツて肇さんは目を見張ツた。碎けた浪の白漚は、銀の齒車を卷いて、見るまに馬の脚を噛み、車輪の半分まで沒した。小さいノアの方舟が三つ出來る。浪が退いた。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
一聲床几からちさう、脾腹へていたのは、民子與曾平親仁
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)