“鯇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまめ75.0%
あめのうを12.5%
やまべ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯇”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
殊に豚、猪、雉、山鳥、鮭、鱒、やまめの如き蛇類を食する者の肉は妊娠中決して食うべからず。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
私は可笑しくなった、そんなことでやまめや岩魚が釣れるなら世話はないと思った。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
或日あるひの事、与兵衛は川へお魚をりに行つたが、どうしたものかその日は不思議にもたいてい一つのふちで大きなあめのうをが必ず一つづつ釣れるので、もう一つ、もう一つと思つて、つい川を上へ/\と上つて行きました。
山さち川さち (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
さけますやまべなぞは持ちきれぬ程釣れて、草原にうっちゃって来ることもあり、銃を知らぬ山鳥はうてば落ちうてば落ちして、うまいものゝためしにもなる山鳥の塩焼にもいて了まった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
余等の天幕の前では、地上にかん/\炭火すみびおこして、ブツ/\切りにした山鳥や、尾頭おかしらつきのやまべ醤油したじひたしジュウ/\あぶっては持て、炙っては持て来る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)