“寒竹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんちく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寒竹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
みな寒竹かんちくでございます、はい、おしなよろしうございます、五圓六十錢ごゑんろくじつせんねがひたうぞんじます。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
云いすてると老人は腰を延ばし、突いていた寒竹かんちくの鞭のような杖を、振るようにして歩み去った。
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)