“山目付”の読み方と例文
読み方割合
やまめつけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
膝を抱えると杢之進日向思案に落ちこんで、山目付とは、何たる御苦労なしな役目だろうと、今さららしく、退屈の不平を数えた。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こんな日傭稼ぎなどになめられて、山目付というお役目がつとまるものかと、伊部熊蔵、ひたいに青筋を立ってカンカンになりながら
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
肥前鍋島家の役人、山目付鈴木杢之進という色の黒い、手に寒竹をもち、日当たりのいい灌木の傾斜を、ノソリ、ガサリ、と歩いている。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)