“鰆:さはら” の例文
“鰆:さはら”を含む作品の著者(上位)作品数
薄田泣菫1
“鰆:さはら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
海で漁猟するものの網に、さはらがあがるころとなると、大地の温みに長い冬の眠から覚めたこの小さな蔬菜は、そのひらべつたく、柔かな葉先で、重い畔土のかたまりを押し分けて、毎日のやうに寸を伸して来る。
独楽園 (新字旧仮名) epub / 薄田泣菫(著)