“人雪崩”の読み方と例文
読み方割合
ひとなだれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夥しい提灯と燭台が、人雪崩と一緒に二十尺も下の水に落ちる有様は、まことに壮観と言ってもいい程だったのです。
両国の橋へかけての真昼の人雪崩
兩國の橋へかけての眞晝の人雪崩