“掻網”の読み方と例文
読み方割合
かきあみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こゝにいたりて激浪にのぼりかねて猶予ゆゑ、漁師ども柴橋わたし、にちかきの上の雪をほりすてこゝに居てかの掻網をなす。
岸の絶壁なる所は木の根に藤縄をくゝしてり、こゝに掻網をするもにあり。
此所はすべてたるゆゑ村のものおの/\岸にかのを作りて掻網をなす。