“粉飾”の読み方と例文
読み方割合
ふんしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは朝鮮に伝えられる小西行長の最期である。行長は勿論征韓のの陣中には命を落さなかった。しかし歴史を粉飾するのは必ずしも朝鮮ばかりではない。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
お気に入っても入らなくても、虚勢や粉飾に事実を曲げて、聖断くしたてまつるべきではない——と、これは河内を出るときからの彼のかたい胸裏であった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼らはことに精神を粉飾していた。二、三のモデルをもっていた。しかもそのモデルがすでに本物ではなかった。あるいはまた、彼らは一つの観念をまねていた。