“紅粉粧飾”の読み方と例文
読み方割合
こうふんさうしよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
読書、習字、算術等、一切の科学何かある、紅粉粧飾の余暇に於て学ばむのみ。琴や、歌や、はた虫と、鳥と、水の音と、風の声とにこれを聞く、て卿等を労せざるなり。
醜婦を呵す (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)