“胸裏”の読み方と例文
読み方割合
きょうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもその併立せるものが一見反対の趣味で相容れぬと云う事実も認め得るかも知れぬ——批評家は反対の趣味も同時に胸裏に蓄える必要がある。
作物の批評 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お気に入っても入らなくても、虚勢や粉飾に事実を曲げて、聖断くしたてまつるべきではない——と、これは河内を出るときからの彼のかたい胸裏であった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
胸裏の図案は三二でれた。見ると、筒袖を着た男が、せて、熊笹のなかを観海寺の方へわたってくる。隣りの山からおりて来たのだろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)