“粉々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こなごな46.2%
こな/\23.1%
こな/″\15.4%
なこ/″\7.7%
ふんぷん7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あっしの腕の骨が粉々になって行くような気持ちで、身体中がれ上っちゃいました。トテモわないと思わせられましたね。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
見ると、床に落ちて、粉々に砕けてゐる洋盃を、大きな灰色の鼠が血だらけな英雄の心の臓をへて小走りに逃げのびようとしてゐる。
此時いて、きな歩兵眞直に、それからつて、背後にあつた一つて粉々れました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
それから時々じいがしたり、粉々打碎かれるやうに。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
綿をひきちぎったような大雪が粉々と降って世界が真白になって見えた。
虎媛 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)