“歩兵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほへい71.4%
ふひょう14.3%
ソルダア14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此時いて、きな歩兵眞直に、それからつて、背後にあつた一つて粉々れました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
幕府の歩兵には、豹だの、茶袋だのという綽名が付いていました。将棋の駒の歩兵で、つまりは歩兵の意味です。
「日本はいい美しい国だ。わたしは以前歩兵でね、横浜、それから江戸へ行つた。月滞在して居た。」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)