“こづか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小柄51.7%
小遣28.2%
小使6.7%
小塚4.7%
小費4.0%
小刀2.0%
小束1.3%
小突0.7%
小剣0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いい渡すと小次郎は、何思ったか、小柄でそこの樹の皮を削りだした。又八の頭の上に、削られた松の皮が落ちて、の中まで入った。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまらない、せばいいのにと思った。気の毒だと思った。それでも清は可愛がる。折々は自分の小遣いで金鍔紅梅焼を買ってくれる。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ったとると、学校じゅうは、たいへんなものでした。先生も、生徒も、小使いもみんな心配しました。
学校の桜の木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しからば、その公許の塩づけ貯蔵個所なるものは、そもそもどこであるか?——右門の判断を待つまでもなく、それは鈴ガ森と小塚の二個所です。
酔っ払っちゃあどこの家へも這入りこんで、宿を貸せの、小費いを出せの、文句をいえば、暴れ廻るし、いやもう手古ずり抜いたものとみえまさ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「——騒ぐのはおよしなさい。わたしの側には手頃な小刀がありますからね、じたばたするとを窓板へ、の首をめるように、プツンと縫ってしまいますよ……」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四隣に人無きを見済まして乙女の背後より追ひ縋り、足音を聞いて振り返る処を、抜く手を見せず袈裟掛けに斬り倒ふし、衣服を剥ぎて胸をはし、小束逆手に持ちて鳩骨を切り開き
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そしてえず其の考に小突かれるのであるから、神經は次第にひとなツて、の肉はける、顏の色は蒼白くなる
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
そしてえず其の考に小突かれるのであるから、神經は次第にひとなツて、の肉はける、顏の色は蒼白くなる、誰が見てもカラ元氣のない不活發な青年となツて[#
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「さてこそ曲者!」と甚五衛門は、思わず空を振り仰いだ。「えい!」と空に掛け声あって、発止と飛びくる鋭い小剣。それを片袖に縫い止めながら甚五衛門は大音に
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)