カズイスチカ
父が開業をしていたので、花房医学士は卒業する少し前から、休課に父の許へ来ている間は、代診の真似事をしていた。 花房の父の診療所は大千住にあったが、小金井きみ子という女が「千住の家」というものを書いて、委しくこの家の事を叙述しているから、lo …
作品に特徴的な語句
おっし がわ 有合ありあわせ とっ ひそ いで こぼ はず また みん すこ 出入しゅつにゅう 撞突とうとつ きか かえっ もし わたり かみ まば 省筆せいひつ 水泡すいほう わたくし くしけず 木槿もくげ とびら はだえ おん のち 宿根しゅくこん 西南にしみなみ いざな そん こび たのし しばら 外眦がいさい 四十しじゅう かわ 反応はんおう ひら にわか わす 胸高むなだか 黒檀こくたん いぼ 一寸ちょっと 鷹狩たかがり きず 痙攣けいれん がん 鴨居かもい こい ひげ ふる 目守まも すこぶ なが 硝子ガラス 面長おもなが 碧巌へきがん 碾茶ひきちゃ 禅定ぜんじょう 難有ありがた 雛棚ひなだな はず ひも 純樸じゅんぼく 障碍しょうがい きわ ゆる ふち おきな もてあそ 銘撰めいせん ふけ あと 躊躇ちゅうちょ つる 薬籠やくろう 藁葺わらぶき 蘭訳らんやく せみ たもと かぶ たれ ことば ぜい