“押領使”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうりょうし66.7%
あふりやうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“押領使”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗7.7%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
父は久米の押領使おうりょうしうるま時国ときくに、母は秦氏はたしである。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この地方の押領使おうりょうし田原藤太秀郷たわらのとうだひでさとである。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
現に将門の叔父の村岡五郎の孫の上総介忠常も、武蔵押領使あふりやうし、日本将軍と威張り出して、長元年間には上総下総安房を切従へ、朝廷の兵を引受けて二年も戦ひ、これも叛臣伝中の人物となつてゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
PR