“赤漆塗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あかうるしぬ50.0%
あかうるしぬり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おかみさんは赤漆塗りのの上にを置いて、の中から半分れた葡萄の粒を、両手にって、お握りを作るやうな工合にしぼりはじめました。
葡萄水 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
部屋の中は天井から床まで赤ずくめで、赤漆塗の卓が四ツ五ツ排列して在る間に、赤唐紙張屏風が仕切ってある。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)