“すい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スイ
語句割合
41.4%
13.6%
8.9%
8.9%
6.3%
3.7%
3.1%
2.1%
1.6%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
推察0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それも縁なら是非なしと愛にんで男の性質もぬ長者のえせ三国一の狼婿、取って安堵したと知らぬが仏様に其年なられし跡は
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
憲兵と知りながら、こういう部屋へ案内した韮崎の心持をし兼ねて、さすがの三好曹長も狼狽を感じないではいられなかった。
偉大なる夢 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
浪の音が、上から落ちて来るようにと響くと、一燈火がゆらゆらと揺れます。お玉はぶるぶると身震いをしました。
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「では、あの、ざくざくいた氷水を。ただというのよ。もし、ご近所にあったら、ほんとに済みません」
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
したら、お茶をひいて仲間に笑われることだと答えたそうであるが、彼らは日々の飯さえ遠慮して食い、終夜一もせぬことしばしばなるに、身体の苦しきよりは
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
その木の始末を仕様ともしず子供達は又鍋のものによせられて元の姿にじいっとして居るのであった。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
第三隊は林冲花栄、その組の中に李逵も入っている。つまりは、総攻撃である。赤地に「」の大字を白抜きした大旗をさきに、陣鼓鼕々祝朝奉家の山城へせまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三囲祠あり。中流より望みてその華表の上半のみ見ゆるに、初めてこれを見る人もしてその三囲祠たるを知るべし。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
心臓から出ずる気、と称し、脾臓から出ずる気、と称し、腎臓から出ずる気、と称し、肝臓から出ずる気、と称し、肺臓から出ずる気、と称す。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ると、して無花果芭蕉つてふ、若し起上つてらなければならぬなら飢餓だかも知れないが
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
のぼるとそこは広前の、拝殿に一御明しがさびしく。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(然れども)その類より出でて、そのを抜く。生民(ありて)より以来、未だ孔子より盛んなるもの有らざるなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
。——また
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その他項羽の呂布の赤兎、張飛の玉追、遠顗の飛燕、梁武帝の照殿玉獅子等、なお多かるべし。本邦には「垂仁紀」に足往てふ名の犬見ゆるに、名馬に特号あるを見ず。
大工とあるに多方源太が弟子かなんぞの使いに来たりしものならんと推察して、通れと一言押柄に許しける。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
平時に変れる状態を大方それと推察してさて慰むる便もなく、問うてよきやら問わぬがよきやら心にかかる今日の首尾をも、口には出して尋ね得ぬ女房は胸を痛めつつ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
不答。煙草のさしを灰の中へ邪険に突込
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「そして、みなさまのいの手を、のなかで待っていますと」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だから馬鈴薯には懲々しましたというんです。何でも今は実際主義で、金が取れて美味いものが喰えて、こうやって諸君と煖炉にあたって酒を飲んで、勝手な熱を吹き合う、腹がたら牛肉を
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
雑銘を読めば、より、[#「箠」は底本では「※」]、等に至る、各物一々に日新の銘にりて、語を下し文をす、反省修養の意、看取すべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
和名類聚鈔』に、〈緌、和名冠ノオ、老人落つるを緌を以て繋ぐ〉とあり。『康煕字典』を見ると、冠の緒をも緒を係る飾りをもといったらしく、その飾りはの形や旄牛の尾を立てたらしい。
「二八誰ガ家ノ女、飄トシテ来リ岸蘆ニ倚ル、鳥ハ眉上ヲ窺ヒ、魚ハ口傍ノ朱ヲス」
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
翌日近処で心安かったから亭主に会って、あれは全体何でえたものかと問うと、牝牛の陰部だと答えた。しかるに字書どもには甘麪麭は牝牛の等の諸腺と出づれど、陰部と見えず。
顧うに、独逸の学、そのを極めざるにあらず、仏蘭西の教、そのを尽さざるにあらず。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
まだの境をうろついていた女には、それほど世界が廻っているとは見えなかったらしく
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)