雛妓おしゃく
なに事も夢のようである。わたくしはスピードののろい田舎の自動車で街道筋を送られ、眼にまぼろしの都大路に入った。わが家の玄関へ帰ったのは春のたそがれ近くである。花に匂いもない黄楊の枝が触れている呼鈴を力なく押す。 老婢が出て来て桟の多い硝子戸 …
作品に特徴的な語句
ゆす ひそ いろ さい すげ ねがわ しも いず あで 雛妓しゃく あしなえ 絹布きぬぎ 浸潤うる すい 手拭てふ ぬか のぞ すが 最早もは くわ 鼻稜びりょう うつ 鞺々とうとう がん ひら しゃが わび もう ばか わか たず 見惚みほ 術無すべな はびこ 芸妓げいぎ 老爺ろうや 老婢ろうひ ひそ 相応ふさ 疲労つか つが せば 無々むむ もら 水沫みなわ 木履ぽっくり 揶揄からか まく ぬぐ なま なら むご めぐ つい 夭死ようし かみ 叩頭じぎ かつ はす ひざ 膝元ひざもと おく 良人おっと わず 艶消つやけ 苛責かしゃく 茫漠ぼうばく ここ 草莽そうもう 荒掴あらづか 菅笠すげがさ 萌黄もえぎ 落籍ひか うつむ