“をとめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヲトメ
語句割合
少女46.2%
處女24.6%
処女10.0%
乙女5.4%
童女3.1%
娘子1.5%
媛女0.8%
嬢子0.8%
孃子0.8%
童貞女0.8%
美人0.8%
乙名0.8%
小女0.8%
少婦0.8%
未通女0.8%
稚女0.8%
童貞0.8%
𡢳嬬0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今この処を過ぎんとするとき、したる寺門の扉に倚りて、声を呑みつゝ泣くひとりの少女あるを見たり。年は十六七なるべし。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
それは十八九にもなるでせうか、身のこなしの輕捷な、歎きのうちにも愛嬌と明るさを失はない、世にも可愛らしい處女でした。
毎年に一度の祭りあるごとに、生贄をぞ供へけるが、その生贄は、国人がざる処女をば、浄衣に化粧してぞ奉りける。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふと、その過ぎ行く快樂の夢を米國の浪漫的詩人アランポーが歌つた「おほがらす」の姿にして見た。レノアと云ふ世に亡き乙女を戀して
『神無月の一夜』には至上の光に見とるる和魂の物蔭ほしげの童女さびに、恭謙の柔輭の徳を称ふべく
『二十五絃』を読む (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
ここに七媛女高佐士野に遊べるに、伊須氣余理比賣その中にありき。ここに大久米の命、その伊須氣余理比賣を見て、歌もちて天皇にまをさく
また天皇、丸邇佐都紀の臣が女、袁杼比賣をひに、春日にいでましし時、媛女、道に逢ひて、すなはち幸行を見て、岡邊に逃げ隱りき。かれ御歌よみしたまへる、その御歌
出雲宿禰の分れの家の嬢子が、多くの男の寄つて来るのを煩はしがつて、身をよけよけして、何時か山の林の中に分け入つた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
今枚岡の御神に仕へて居るの罷める時が来ると、あの嬢子が替つて立つ筈だ。其で、貴い所からのお召しにも応じかねて居るのだ。……結局誰も彼も、あきらめねばならぬ時が来るのだ。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
日向の國の諸縣の君が女、名は髮長比賣それ顏容麗美しと聞こしめして、使はむとして、し上げたまふ時に、その太子大雀の命、その孃子の難波津にてたるを見て
かれその孃子、「仕へまつらむ」とまをしき。ここにその伊須氣余理比賣の命の家は、狹井一〇にあり。天皇、その伊須氣余理比賣のもとにでまして、一夜御寢したまひき。
君こそは君こそはまこと童貞女よ。
第二海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
君こそは童貞女よ。
第二海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
かれ天の下治らしめさむとせしほどに、平群の臣が、名は志毘の臣、歌垣に立ちて、その袁祁の命のはむとする美人の手を取りつ。
かれ相感でて共婚して、住めるほどに、いまだ幾何もあらねば、その美人みぬ。
ればかりはと子細もなく、千扁一律いやいやをして、はては世上はしきはれながら、乙名にもかけず、けゆくしみもせず、かに月花をたのしんで
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼はまたニッコロが小女等の若き生命を導きて貞淑に到らしめんため彼等にをしまず物を施せしことをかたれり 三一—三三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
また慾にいて因業世渡をした老婆もあツたらう、それからまただ赤子に乳房をませたことの無い少婦や胸に瞋恚のほむらを燃やしながられた醜婦もあツたであらう。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
寢かしてなは今宵らん積ならんまでしてゐたらばとてしなければ此方よりひ立ねば未通女の事ゆゑ面伏にもしと一人承知押入より夜具取出し其所へ敷延てお光に向ひ吾儕御免
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
また「汝の哭く故は何ぞ」と問ひたまひしかば、答へ白さく「我が女はもとより八稚女ありき。ここに高志八俣大蛇、年ごとに來てふ。今その來べき時なれば泣く」
くれなゐにほふした𡢳嬬 〔巻十九・四一三九〕 大伴家持
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)