俗臭ぞくしゅう
最近児子政江はパアマネントウェーヴをかけた。目下流行の前髪をピンカールしたあれである。明治三十年生れの、従ってことし四十三歳の政江はそのため一層醜くなった。つまりは、なか/\に暴挙であった。 かつて彼女は隆鼻手術をうけたことがある。日本人ば …
作品に特徴的な語句
めん なゝ てき おなご わて 如何どな あて 如何どない うち なぐさま 女房かかあ 博奕カブ なんに みっ 女郎おやま ぼん 主婦おかあ 写真プロマイド 後々あと 寿ひさ 一番いっち 本当ほんま くく 良家えゝとこ 陰影いろあい ばかり 季節しゅん 女給ボーイ 出来でけ にく ざま もうけ やいと しゃ ならび 芸妓げいこ みな 物日もんび 無料たゞ 一角ひとかど 双子ふたご ふさ 機会しお 拘泥こだわ とこ うま わし ひと 小言こゞと 資本もとで 女子おなご のみ 見物みもの 厚子あつし 請印うけはん もた ころ ちが 原因もと 一月ひとつき 雑閙ざっとう 商売あきない 千満ちま もんめ 五会ごかい わたし 交際つきあ 低声こごえ 児子にご めと にい 炬燵こたつ 気張きば 性来うまれつき わる 拭布ふきん