“筐中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうちゅう60.0%
きやうちゆう20.0%
きようちう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたかもこれを筐中に秘蔵するが如くせんとするも、天下、人をるのなし、一旦の機に逢うてたちまち破裂すべきをいかんせん。
経世の学、また講究すべし (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
この、ある意味に於ての荒法師が、筐中常に彼可憐の貞女の遺魂を納めて、その重荷を取り去ることを得ざりしと、懸瀑に難行して、胸中の苦熱し難き痛悩とは
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
女性無邪氣なる輕薄ひ、一旦へたる財貨少娘筐中よりひて酒亭一塲醉夢するのかしめ免職になりし
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)